読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋先生の「盤上・盤外」この一手

湯の町別府の将棋教室から考察した社会をつづります

『昭和天皇の戦後日本』を読んだんです

昭和天皇の戦後日本』を読んだんです。

激動動乱の時代の憲法上の主権者、それでも立憲君主を貫いたとされる昭和天皇。その実像に迫ろうとする渾身の著作です。

f:id:einosuke47:20160211093921j:plain

決断(聖断)を下したとされる2.2.6事件、終戦の御前会議。本当に、これ以外は、いわゆる象徴としての天皇を貫いたのか。という疑問。

 

著者は、膨大な資料を元に、そうではないと主張しています。

 

天皇という連綿と続く歴史を護るため、昭和天皇は、様々な場面で象徴ではない顔を見せた。

 

そう語っているのです。

 

僕が薄ぼんやり思い描ていた天皇の姿とは、かなり違っていました。

もちろん、これについてはたくさんの異論があるでしょう。

しかし、正鵠を得ている、そんな感じを醸し出す一冊でした。

 

 

昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道

昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道