読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋先生の「盤上・盤外」この一手

湯の町別府の将棋教室から考察した社会をつづります

選挙を棄権することについての考察

f:id:einosuke47:20141212210044g:plain

選挙に行こうという言葉を聞く。

大事な権利を行使しようという。

確かにそうだなあとも思う。

 

けど、である。

 

けど、今の選挙は違憲状態にあると裁判所が判断している。

じゃあ、その選挙に行くことは、憲法違反に荷担することではないのかなあ。

とも思ってしまうのである。

これ、どうなのだろう。

そして、もっと、知りたいことがある。

その憲法違反だと判断した裁判所の裁判官が、違憲状態で国民審査を受けるということをどう考えているのだろうか。

f:id:einosuke47:20141212210124g:plain

とまあ、僕は、こんなことを考えているのである。