将棋先生の「盤上・盤外」この一手

湯の町別府の将棋教室から考察した社会をつづります

将棋クイズ「この駒をゾウが持つと…」

将棋クイズです。この駒をゾウが持つと、おそうじができるよ。さて、なんの駒だ? >>将棋お楽しみコーナーの目次

『8月30日(日)午後2時から、バッチグー個人戦です』

『8月30日(日)午後2時から、バッチグー個人戦です』ameblo.jp

『2015年大分大学講座のようす(すべての日程を終了しました)』

『2015年大分大学講座のようす(すべての日程を終了しました)』ameblo.jp

早咲超名人

第69期の大分合同アマ名人戦3番勝負が終わった。早咲誠和・名人が山崎由太郎挑戦者を退け、通算24期目の名人になった。なんと県最強の挑戦者と対戦してきた歴史的な3番勝負での勝敗数は50勝9敗である。むちゃくちゃではないか。 <早咲氏(左)と僕> 僕は早…

大分大学公開講座子どもチャレンジ「将棋講座」

大分大学公開講座子どもチャレンジ「将棋講座」を今年もやりますよ~。画像は去年の様子です。平松先生、中田先生、めばえ先生が詰め将棋やいろんな戦法を教えてくれました。 そして、駒の動かし方も知らなかった子ども達が、最後には先生方に挑戦です。 今…

第6章 蘇我氏の時代 (3)「馬子という名前の秘密(2)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第6章 蘇我氏の時代 (3)「馬子という名前の秘密(2)」━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ これまでの記事は下記です。 第6章 蘇我氏の時代 (2)「馬子という名前の秘密」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手einosuke47.hat…

遊びだからこそ「創造心」を伸ばせる将棋

将棋はもちろん日本の伝統文化です。でも、昔から伝承された遊びでもあります。考えれば、文化というものの多くは、その発祥は遊びであり娯楽ですよね。歌舞伎もそう、茶の湯や生け花だってそうでしょう。それが洗練されて、文化となっていく。だから修行は…

第6章 蘇我氏の時代 (2)「馬子という名前の秘密」

第6章 蘇我氏の時代 (2)「馬子という名前の秘密」 前回までの記事は下記です。 第6章 蘇我氏の時代 (1)「馬子監督と長嶋コーチ」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 第6章 蘇我氏の時代 (1)「馬子監督と長嶋コーチ」 - 将棋先生の「盤上・盤外…

苦悩と沈黙、そして決断

『苦悩と沈黙、そして決断』 Yさん(小4)とGくん(小5)の対局観戦記を合同新聞に書かせてもらいました。 対局当日、僕はスタッフとして会場にいたのです。そして、二人の対局を観ていました。 記事にも書いたのですが、序盤早々にG君が「角」打ち。 その手を目…

第6章 蘇我氏の時代 (1)「馬子監督と長嶋コーチ」

第6章 蘇我氏の時代 (1)「馬子監督と長嶋コーチ」 前回の記事は下記です。 第5章 古墳時代 「前方後円墳とてるてる坊主」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 第5章 古墳時代 「前方後円墳とてるてる坊主」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 それ…

カッコいい負け方

将棋について思うことがあります。 それは、カッコいい負け方があるってことです。 悔しさを、ぐっと我慢する。 そして「負けました」とあいさつをする。 目にいっぱい涙をためる。 時には流れる涙をぬぐう。 そして、次の対局へ向かう。 本当に、本当に、カ…

第5章 古墳時代 「前方後円墳とてるてる坊主」

前回のページは下記です。 第4章 縄文・弥生の疑問編 (4)「邪馬台国はどこなの?」:「幻のヤマタイコク」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 第4章 縄文・弥生の疑問編 (4)「邪馬台国はどこなの?」:「幻のヤマタイコク」 - 将棋先生の「盤上・…

ありがたい涙

僕は湯の町別府で子ども将棋教室「将星会」をしています。 で、そんな中から、感じたことを少しずつ綴ります。 --------------------------------------------------- 大会でも、練習でも涙する子がたくさんいます。涙はガマンの証しです。盤をひっくり返し…

スランプの効き目

僕は湯の町別府で子ども将棋教室「将星会」を開いています。 で、その中から感じ事を、少しずつ綴ります。 --------------------------------------------------- 将棋では、相手の手が読めるようになる6級から4級くらいにかけて、負け続けることがあるんで…

東を向いて笑う

東を向いて笑う 大人って理不尽だよな。子どもの頃、そんなふうに思っていました。近所のおじちゃん達もそう。学校の先生は少しましだけど、やっぱり同じ。お父ちゃんやお母ちゃんなんて、遠慮がない分、ひどい、ひどい。でもね。僕、四十六歳にして、今、少…

第4章 縄文・弥生の疑問編  (4)「邪馬台国はどこなの?」:「幻のヤマタイコク」

前号までは下記です。 第4章 縄文・弥生の疑問編 (3)「邪馬台国はどこなの?」:「黄金バットのナシメさん」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 第4章 縄文・弥生の疑問編 (3)「邪馬台国はどこなの?」:「黄金バットのナシメさん」 - 将棋先生の…

将棋とワクチン

僕は湯の町別府で子ども将棋教室をしています。 そんな中から、子ども達と将棋について、知育や心育の面から、少し、つづります。 ------------------------- 子ども棋士の皆さんへ 将棋を初めて1年もたつと、「つらさ」や「きつさ」がわかってきます。 楽し…

将棋を観るという力

『将棋を観るという力』 ------------------------------------------------ 僕は湯の町別府で子ども将棋教室をしています。そこで、子ども達の成長にとって、将棋がどんな役割を果たしてくれるかを書いていきたいと思います。 ----------------------------…

本気の言葉

「本気の言葉」--------------------------- 僕は以前に小学校の教員をしていました。 その時に感じたこと、今だから思うこと、書きます。 ---------------------------- 自転車がパンクしてしまい、近所の自転車屋さんに出かけました。僕は運が悪いのか子供…

第4章 縄文・弥生の疑問編  (3)「邪馬台国はどこなの?」:「黄金バットのナシメさん」

第4章 縄文・弥生の疑問編 (3)「邪馬台国はどこなの?」:「黄金バットのナシメさん」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 前号は下記です 第4章 縄文・弥生の疑問編 (2)「邪馬台国はどこなの?」:「ウオ・ジャオ・チンジュ」 - 将棋先生の「盤上・盤外…

崩れそうな聖域

「崩れそうな聖域」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 僕は以前、小学校の教員をしていました。 で、今だから思うこと、その時々に考えたこと、つづります。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 先月、体調を壊してしまいました。 熱を測ると38度少し。 「こりゃ…

将棋は子育てに効きますよ

将棋は、すばらしい子育ての手段です。日本の伝統文化であり、礼儀正しさ、潔さ、忍耐力、向上心、決断力など、現代から失われつつある大切なものを伝えてくれています。なにより、生身の人間と人間との、盤をはさんでの交流は、テレビゲームなどでは味わえ…

第4章 縄文・弥生の疑問編  (2)「邪馬台国はどこなの?」:「ウオ・ジャオ・チンジュ」

第4章 縄文・弥生の疑問編 (2)「邪馬台国はどこなの?」:「ウオ・ジャオ・チンジュ」━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 前号は下記です。 第4章 縄文・弥生の疑問編 (1)「邪馬台国はどこなの?」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 第4章 縄文・弥…

第4章 縄文・弥生の疑問編 (1)「邪馬台国はどこなの?」

第4章 縄文・弥生の疑問編 (1)「邪馬台国はどこなの?」 第3章「女王の国」 その(6)「クックさんと、『ヤマト』が『大和』と書くわけ」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 第3章「女王の国」 その(6)「クックさんと、『ヤマト』が『大和』と書くわけ…

『いつ』と『ずっと』

僕は小学校の教員をしていたんですね。 今思うこと、その頃に考えていたことなど、つづります。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 『いつ』と『ずっと』 以前にも書いたことがありますが、、、。カモやガンなどは、ひなのある時期に目の前で動くもの…

『トンネルを知る』

『トンネルを知る』 将棋大会。 多くの子ども達は、初参加で全敗をします。 緊張感で頭の中が真っ白になっちゃうのですね。 だから、日頃の力なんて出せません。 ここは将棋大会での最初のハードルです。 でも、大丈夫。 ハードルは、必ず、越えられます。 …

第3章「女王の国」 その(6)「クックさんと、『ヤマト』が『大和』と書くわけ」

第3章「女王の国」 その(6)「クックさんと、『ヤマト』が『大和』と書くわけ」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第3章「女王の国」 その(5)「倭国=カンガルーか?」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 第3章「女王の国」 その(5)「倭国=カンガルーか?…

第3章「女王の国」 その(5)「倭国=カンガルーか?」

第3章「女王の国」 その(5)「倭国=カンガルーか?」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第3章「女王の国」 その(4)「倭国=さわだ食堂か?」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 第3章「女王の国」 その(4)「倭国=さわだ食堂か?」 - 将棋先生の「盤上・…

人工知能と将棋のことを執筆しました。

オールアバウト記事として執筆しました。 僕としては、人工知能と人間の闘いというテーマは、すごく興味があることです。 人工知能との闘い-第1章/霊長というステイタス 人工知能との闘い-第1章/霊長というステイタス [将棋] All About

第3章「女王の国」 その(4)「倭国=さわだ食堂か?」

第3章「女王の国」 その(4)「倭国=さわだ食堂か?」 「女王の国」 (3)「ヒミコにぴったしカンカン」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 「女王の国」 (3)「ヒミコにぴったしカンカン」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

「女王の国」 (3)「ヒミコにぴったしカンカン」

「女王の国」 (3)「ヒミコにぴったしカンカン」 女王の国 (2)「マラソンか園長先生か?」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 女王の国 (2)「マラソンか園長先生か?」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 僕は、「ヒミコ」というのは個人の名前ではなく…

谷岡ヤスジと昭和元禄

谷岡ヤスジと昭和元禄 漫画の傑出した表現方法の1つに「吹き出し」がある。(「吹き出し」とは、いわゆるセリフを囲っている枠である。) この「吹き出し」を考えた人は天才だと思う。「吹き出し」のお陰で「セリフ」が生命を持った。喜怒哀楽はもちろんの…

 女王の国    (2)「マラソンか園長先生か?」

女王の国 (2)「マラソンか園長先生か?」 女王の国 (1)「暴走族の落書き」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 女王の国 (1)「暴走族の落書き」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ で、そのヒミコさん、どんな暮らしをし…

羽生さんのことをオールアバウトに書きました

羽生善治さん。 天才などという言葉では語れぬスーパー棋士ですよね。 羽生さんについては過去2回オールアバウト記事にしてきたんですが。 今回は3回目となります。 ぜひ、お読み下さい。 羽生善治の将棋は何が凄いのか-3 羽生善治の将棋は何が凄いのか-3 […

女王の国    (1)「暴走族の落書き」

女王の国 (1)「暴走族の落書き」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 土器は語るよ(5) 「縄文のペリー、徐福さん」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 土器は語るよ(5) 「縄文のペリー、徐福さん」 - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 まずは教科書から見…

新年クイズ

あけましておめでとうございます。 新年クイズです。 「抜きつ抜かれつすると、腕が曲がる動物は何?」 わかるかなあ?

あしたのジョーのハッピーエンド

あしたのジョーのハッピーエンド 人間は誰も皆、苦労をしていると思う。 そして僕は何らかの形で苦労は報われる、と信じている。 いや、そう信じなければ生きていけないと思っている。 だから、僕は「ハッピーエンド」漫画が好きだ。 極めて個人的な思い入れ…

土器は語るよ(5) 「縄文のペリー、徐福さん」

土器は語るよ(5) 「縄文のペリー、徐福さん」 「始皇帝さんの悩み」 土器は語るよ(4) - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 「始皇帝さんの悩み」 土器は語るよ(4) - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 三千人もの見知らぬ大船団が海を越えてやってきた…

「始皇帝さんの悩み」    土器は語るよ(4)

「始皇帝さんの悩み」 土器は語るよ(4) カーニバルと茶の湯 土器は語るよ(3) - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 カーニバルと茶の湯 土器は語るよ(3) - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 少し詳しく言うとこうだ。 古代、日本には情熱あふれる文化…

カーニバルと茶の湯      土器は語るよ(3)

カーニバルと茶の湯 土器は語るよ(3) 土器は語るよ(2) - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 土器は語るよ(2) - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 例えば、「石器」はどうだろう? 教科書にはこうあります。 ----------------------------------------…

土器は語るよ(2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「ちぐはぐな命名」 土器は語るよ(2) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ その(1)は下記です。 「ガメラと縄文時代」 土器は語るよ(1) - 将棋先生の「盤上・盤外」この一手 「ガメラと縄文時代」 土器は語るよ(1) - 将…

「投影」-あしたのジョーの孤独性

「われわれは、あしたのジョーである。」 この言葉をご存知だろうか? 1970年。 日本中の目を釘付けにしたハイジャック事件が起きた。 いわゆる「よど号」事件である。 犯人の赤軍派は9人。 彼らは、東京から福岡へ向かうボーイング727「よど号」に乗客とし…

「ガメラと縄文時代」  土器は語るよ(1)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「ガメラと縄文時代」 土器は語るよ(1) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「縄文(じょうもん)土器」と「弥生(やよい)土器」。 この2つは小学校の教科書でも紹介されているほどだから、もうお なじみの土器だと言ってい…

はさみ将棋をオールアバウト記事にしました。

年末ですねえ。 ってことは、年始も近い。 家族団らんのピークがやってきます。 でまあ、団らんにもってこいの「はさみ将棋」をオールアバウト記事にしました。 団らんと脳の活性化に「はさみ将棋」 団らんと脳の活性化に「はさみ将棋」 [将棋] All About こ…

糸谷哲郎・新竜王とハイデガー

今年の竜王戦。 <↑画像は日本将棋連盟から送られてきたポスター> 「棋界のステルス戦闘機」森内俊之竜王を「怪物くん」糸谷哲郎挑戦者が破った。 史上初、大学院生のタイトルホルダーの誕生ですよ。 それにしても、すごいや。 哲学を研究しながらの快挙だも…

選挙を棄権することについての考察

選挙に行こうという言葉を聞く。 大事な権利を行使しようという。 確かにそうだなあとも思う。 けど、である。 けど、今の選挙は違憲状態にあると裁判所が判断している。 じゃあ、その選挙に行くことは、憲法違反に荷担することではないのかなあ。 とも思っ…