読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋先生の「盤上・盤外」この一手

湯の町別府の将棋教室から考察した社会をつづります

オールアバウトに『太閤将棋』を執筆しました

allabout.co.jp

『昭和天皇の戦後日本』を読んだんです

昭和天皇の戦後日本』を読んだんです。

激動動乱の時代の憲法上の主権者、それでも立憲君主を貫いたとされる昭和天皇。その実像に迫ろうとする渾身の著作です。

f:id:einosuke47:20160211093921j:plain

決断(聖断)を下したとされる2.2.6事件、終戦の御前会議。本当に、これ以外は、いわゆる象徴としての天皇を貫いたのか。という疑問。

 

著者は、膨大な資料を元に、そうではないと主張しています。

 

天皇という連綿と続く歴史を護るため、昭和天皇は、様々な場面で象徴ではない顔を見せた。

 

そう語っているのです。

 

僕が薄ぼんやり思い描ていた天皇の姿とは、かなり違っていました。

もちろん、これについてはたくさんの異論があるでしょう。

しかし、正鵠を得ている、そんな感じを醸し出す一冊でした。

 

 

昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道

昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道

 

 

清原和博選手の逮捕

いったい、なぜ?
清原選手…。あれだけの実績を残した選手です。
素質に加え、想像を絶するほどの努力をしてきたはずです。
その過程から、不屈の精神力だって身につけていたはずです。
だのになぜ。

そんなことを考えながら、将星会のことを思いました。
将星会が子ども達にできることは、ほんのほんの小さなことです。

●盤面に向かった時には「あしか」という基本を守る。
「あいさつ」「しずかに」「勝っていばらず、負けてくさらず」
つまり自制心を身につけること。

簡単に見えますよね。でも、これを守るのは難しいのです。
だって、将棋は磨き合いであり、それは、精神の摩擦に他ならないのですから。
時に心がざらつくのも無理はないのです。
だから、年月をかけて磨かれていく。

「あしか」は「基本」であり「目標」でもあるのです。
僕は、子ども達に愚直にこれを繰り返すしかすべを持ちません。

基本を目標にする。
いや、基本こそが目標。
還暦が近づいた僕自身も、再考するチャンスを得たのではないかと思います。
清原選手の再チャレンジを祈りつつ。

『偶然完全-勝新太郎伝-』を読んだんです

『偶然完全-勝新太郎伝-』を読んだんです。

勝新太郎さん。その破天荒さに一種の恐れ、どこかで憧れ、嫌悪、そんなもろもろを感じてもいました。

何度か警察のご厄介にもなりましたよね。

パンツの中に麻薬を隠していたり。

そうそう、その時の取り調べで、「一番大切なのは真実だ」と言われ、「いや、一番大切なのは秘密だよ」と言い返したとか…。

「総理大臣の代わりはいても、勝新の代わりはいない」とか。

どこまでがリアルで、どこからがフィクションなのか線引きができない人間。

自己演出なのか否か。

でも、人間は大なり小なり自己演出しているんじゃないかなあ。

最たるものが、釈迦でありキリストであり。

つきつめれば、神々しささえ放つ。

 

筆者は、勝さんの最後の弟子を自認しています。

だから、勝愛に満ちている。

この本は如是我聞ですね。

潜在的な面で言えば、弟子ってたくさんいるんじゃないかなあ。そんな弟子達に記した教本。

そんな感じ。

読んで良かったなあって素直に思えます。

f:id:einosuke47:20160208062638j:plain

データー

 

偶然完全 勝新太郎伝 (講談社+α文庫)

偶然完全 勝新太郎伝 (講談社+α文庫)

 

 

 

 

『巨人軍の巨人 馬場正平』を読んだんです

少し前、『1964年のジャイアント馬場』について書いたんですが。

今回は『巨人軍の巨人 馬場正平』です。

f:id:einosuke47:20160127085914j:plain

『1964年…』は、一言で言えば、「おまえらアスリートとしての馬場のすごさを知ってるのか」って投げかけてくるんですよ。たしかに、晩年の馬場は動きものろかったよな。けどな、元々あの巨人軍の選手なんだぞ。すごいんだ。プロレスラーに転向してから、アメリカで大活躍なんだぞ。著名度や稼ぎなんて、今のイチローなんか問題にならねえんだぞ。

 

『巨人軍の巨人…』は、極端に言えば、逆。

馬場は野球人としてはたいしたことないんだよね。野球人・馬場の活躍は2軍でのもの。当時の2軍は、現在のプロ野球と違って、もともとたいしたことがなかった。資料もちゃんと用意して、そう語りかけてくるんです。むしろ、止まらぬ成長に悩む人間・馬場正平の苦悩を描いています。

 

両者の違いは明らかですが、『巨人軍の巨人…』はプロレスラーとしての馬場については『1964年…』を読んでくれって書いてある。

 

僕は、どちらがどうとも言えません。でも、馬場は大好き。その馬場について、いろんなことを知ることができた。それで十分ですし、そしてですよ。

そして、『巨人軍の巨人』の表紙をもう一度見てください。

この足の上がりっぷり。

これ、星飛雄馬じゃんか。

やっぱり、すごそう。

 

巨人軍の巨人 馬場正平

巨人軍の巨人 馬場正平

 

 

All Aboutに愛棋家のための宴会ソング-将棋替え歌・キュート編を執筆しました

allabout.co.jp